自分を信じて風俗を選んだ結果…

テーマは感じ方なのかもしれない

風俗嬢がどんな風に感じてくれるのかが、自分には大きいのかもしれません。自分のことを気持ち良くしてもらうよりも、むしろそちらの方が重要なのかもしれないですね。実際の所、その方が単純に考えて興奮するんですよ。自分が何かをされるよりも、女の子が興奮している。しかも興奮させているのは自分なんです。そのシチュエーションにさらに興奮する…。だからこそ、風俗では相手の風俗嬢がどんな形で感じてくれているのかこそ、重視するようになりましたね。濡れやすいとか敏感ってものとは微妙に違うんです。だから電マとかバイブとかオプションも上手く活用しますね。それらを使って目の前の風俗嬢が興奮してくれる。それもまた、こちらからすれば大きな興奮材料になりますよね。自分が頑張りたいんじゃなく、女の子が感じている姿が見たいんです。だから電マやバイブは自分にとって強力な味方でもあるので、一緒に協力して女の子を攻めているんですよ(笑)

人見知りじゃない風俗嬢の方がいい理由

基本的に、風俗で遊ぶ時には女の子のことはホームページで調べるようにしています。まぁこれはわざわざ主張するようなことじゃなく、今の時代の風俗の遊び方としてはオーソドックスかなと思うんですけど、自分が特にこだわっているのは人見知りかどうかなんです。正直、人見知りの風俗嬢は指名したくないんですよね(苦笑)だってプロフにまで人見知りって書いてあるとしたら、それって「私からは話しかけられないのでそちらからどうぞ」という意味でもあるじゃないですか。つまり、「自分のキャラは崩しません。だからそっちが気を使ってね」という意味ですよね。まぁそこまで考えて人見知りって言っている訳じゃないこともよく分かるんですけど、理屈としてはそうなるので、人見知りって書かれている風俗嬢は残念ながらパスです。むしろ人見知りませんって書いてある風俗嬢にこそ心を奪われますよね。それが本当の意味でのサービス精神なんじゃないかなって思いますし。