自分を信じて風俗を選んだ結果…

自分のために遊べばいいんですよ

誰かのためじゃなく、自分のため。当たり前のことではあるんですけど、風俗ではしばしその気持ちを忘れてしまいそうになるんですよね(苦笑)それはお気に入りの女の子と出会った時です。風俗と言うきっかけではあっても、気になる女の子が出来たら何度でも会いたいって気持ちになるのが男じゃないですか。それでついつい気になって、それで何度も指名してしまったり、そこまで性欲が高まっている訳ではないものの、なぜか指名しちゃったり。相手を喜ばせたいって気持ちで指名してしまうケースもあるんですけど、自分はそういった気持ちは卒業出来ましたね(笑)やっぱり風俗は自分のために遊ぶものだと思いますし、お気に入りの女の子が出来るのは喜ばしいことだとは思いますけど、それでもあくまでも自分のために遊ぶというスタンスは崩したくないんですよね。だから自分でもその点はかなり気にしながら遊ぶようにしているんですよ。その方が断然楽しいと思いますし。

やはりいつも通りが一番

風俗の魅力は多々ありますし、どんな形でも利用出来るものです。だからこそ、刺激を求めていつもとはまた少し違った形で利用したいって思うことも珍しくなかったりするんですけど、でも結局はいつも通りに利用するくらいが丁度良いのかなって思うようにはなりましたね。いつも通り。これって他のサービスだったらマンネリを意味するのかもしれないんですけど、風俗に関してはマンネリとは無縁なんじゃないですかね。女の子が違う。それだけでまったく違うサービスを利用しているかのような気持ちになれるじゃないですか。それってかなり貴重というか、風俗だけの魅力ですよね。それもあって、風俗ではいつも通りではあるものの、いつも楽しませてもらっていますが、特に不満もありません。むしろここまで自分の気持ちを満たしてくれるサービスの方が珍しいんじゃないかなって思うことも珍しくないほど。男にとって理想そのものだからこそ、いつも通りで十分楽しいんですよね。