自分を信じて風俗を選んだ結果…

マックスだった期待値

口コミでも評判が良いし、ホームページを見れば風俗店から期待されているのが分かる子だったので、まだ実物を見ていない段階なのに、彼女への期待値はマックスに膨れ上がっていました。いざご対面した時、こういったパターンだと大抵期待が高まりすぎていて残念って思ってしまうパターンも多いんですけど、期待値は全然萎えませんでしたね。むしろもっともっと楽しみたい。そんな気持ちの方が強まりました。そしていざ彼女との時間となったんですけど、外見だけじゃない彼女の魅力というか、なんで彼女がここまで多くの人に絶賛されている風俗嬢なのかがよく分かりました。彼女の魅力は実際に遊んでみるとよく分かるというか、自然体のように見せかけて、男のツボをピンポイントで突いてくる彼女のスタイルは男にとってとてつもなく貴重な存在と言っても良いんじゃないかなって思いましたね。それくらい彼女のおかげで自分も楽しむことが出来て大満足そのものですよ。

反動。それが大きなテーマかなと

反動って大切なんじゃないですかね。特に思うのは、日常生活の反動で風俗を求めること、多いかなって。以前の話なんですけど、巨乳と付き合っていた頃があるんです。その時って、いわば巨乳が日常的に楽しめる状態だったんですよね。だからその反動だと思うんですけど、風俗では微乳ばかり指名していました(笑)ホームページを見ても、とにかくチェックするのは微乳ばかり。巨乳を見ても何も反応しないのに、微乳風俗嬢を見ると反応している自分がいたんですよ。でも、巨乳の恋人と別れて次に付き合ったのが微乳の子だったんです。そうすると、今度は逆に風俗では巨乳ばかりが目に入るようになって、それまでとは逆に風俗のホームページを見ても目に入るのは巨乳ばかりだったんですよね(笑)男って本当にシンプルと言うか単純と言うか、ないものねだりを本能レベルでねだるんだなって(笑)でも、ねだれるからこそですよね。風俗がなかったらねだることも出来ないんですし。